最新技術で鼻筋を整える

注射

整った顔立ちになる手術法

顔立ちが暗く感じる事がコンプレックスになっていて、自然な笑顔を作れない事に苦しんでいるのであれば、鼻筋や口角などを整えるための美容整形手術が最適です。高品質な医療サービスを提供している銀座の美容整形外科なら、鼻筋のバランスを少し変えるだけでも、目元なども含めて印象を変える事ができます。鼻の穴が目立つ事が顔立ちが暗く見える原因になっていた人も、鼻先や鼻筋の形を変えるだけでコンプレックスを解消する事が可能です。特におすすめなのはプロテーゼを挿入する手術で、銀座の美容整形外科では拒絶反応が起こりにくいプロテーゼを使用しています。ソフトタイプのプロテーゼを使用できるおかげで、鼻の手触りが不自然に硬くなってしまう事もなく、感染症などのリスクが小さい点も好評です。技術力の高い医師が手術を担当していますから、プロテーゼのズレや皮膚の菲薄化などのトラブルも心配せずに済みます。顔立ちを整えたい時には鼻の整形手術の効果を確認するために、まずは銀座の美容整形外科が取り扱うプロテーゼの違いについて確認してください。

技術力が高い医師が手術を担当する銀座の美容整形外科であっても、手術を終えた直後に傷が完治するわけではなく、ある程度のダウンタイムは発生します。手術を終えた後の過ごし方などもスタッフが丁寧に教えてくれますから、そのアドバイスに従って行動するように注意してください。特に気を付ける必要があるのが激しい運動を行えるか否かで、脂肪吸引手術などを行った直後に激しく体を動かすと、傷口が開いてしまう事もありえます。鼻にプロテーゼを挿入する手術を受けた際には、手で鼻に触れないように気を付けなければ、プロテーゼの位置がズレる事になりかねません。手術を終えた後にサウナに入る事でも傷口から出血する事がありえるので、サウナに入るのが趣味だという人も注意が必要です。ボトックス注射などを行った後にサウナに入ってしまうと、熱が原因で成分の一部が壊れる可能性もあります。手術が終わった直後の過ごし方を少し工夫するだけで、手術の効果が大きく変わる事もあると考えて、銀座の美容整形外科でアドバイスをよく聞いてください。

Copyright© 2019 加齢で痩せてしまった頬も美容整形でふっくら若返る All Rights Reserved.