事前に準備しておくこと

施術台

脂肪吸引前に確認しておきたいこと

気になる脂肪のみピンポイントに除去できる脂肪吸引は、理想のボディーラインに近づくことができる医療痩身の1つです。銀座の美容整形外科クリニックの多くでも行われている脂肪吸引、事前に患者側が準備しておくことはあるのでしょうか。脂肪吸引の施術法によっても変わってきますが術後、数日間は痛みや腫れといった症状が出て、あまり動けない状態となります。もし、1人暮らしをしている方が脂肪吸引を受けるという場合は、施術を受ける前に事前に数日から1週間分の食料を準備しておきましょう。食事はあまり手を加えずに作れるものであれば、脂肪吸引後に痛みや腫れが強くても簡単に用意できるのでおすすめです。また、脂肪吸引後は術後の腫れやむくみなどの症状に対処するため、サポーターなどの圧迫器具を装着する必要があります。施術を受けるクリニックで圧迫器具が用意されないという場合は、自分で購入するなどして準備しなければいけません。ただ、銀座にはアフターフォローが充実している美容整形外科クリニックが多く、圧迫器具をクリニック側で用意してくれる所も少なくないようです。

脂肪吸引は多くのケースで日帰り手術となるので、施術後に何か予定を入れたいと考える人もいるかもしれません。ただ、術後は身体の痛み麻酔の影響による動かしにくさがあるので、脂肪吸引後は予定を入れずにできるだけ帰宅するのが懸命です。多くの路線があり交通アクセスの良い銀座であれば、美容整形外科クリニックに通いやすいので便利と言えます。ですが、お腹や太もも、お尻など多くの脂肪を吸引する場合、公共交通機関での帰宅は身体に負担を感じるかもしれません。このような場合は家族や知人に頼んで、自家用車を移動手段にするという方法が、患者さんにとって負担は無いと考えられます。自分で運転して受診したいと考える人もいるかもしれませんが、施術法や施術部位によって脂肪吸引は全身麻酔となるので、安全性を考えると他の人に運転してもらうのがベストです。銀座という土地柄、駐車場を完備している美容整形外科クリニックは少ないようですが、近くにパーキングエリアがあったり、駐車場代の割引サービスを行っている所もあるようです。

Copyright© 2019 加齢で痩せてしまった頬も美容整形でふっくら若返る All Rights Reserved.